ライブ配信アプリランキング>>

【風歌封想の感想】文通で繋がり同窓会で8年越し出会う|ネタバレあり

風歌封想の表紙小説

ふゆ(@shikifuyu25)です、こんばんは!

今回は、綾崎隼さんの15作目「風歌封想」の感想です。

風をモチーフにした花鳥風月シリーズの6作目になります。

「風の便りであなたのことを聞きました。」

という言葉の通り、往復書簡で綴られる恋愛小説です。

記事の内容は以下のようになります。

記事の内容
  • あらすじ
  • 面白かったポイント
  • 印象に残った名言
  • 感想

ネタバレを含みます、ネタバレなしは風歌封想のネタバレなし感想を見てください。

あらすじ:文通で繋がり同窓会で8年越しに出会う

私はやっぱり、あなたともう一度、やり直したいです。

登場人物
  • 藍沢 瀬奈:主人公
  • 舞原 和颯:主人公
  • 笹森 創汰:同級生
  • 葛西 樹璃:同級生

高校を卒業して、大学の4年間付き合っていた2組のカップルが30歳の同窓会を機によりを戻す物語。

風歌封想の面白かったポイント

面白かったポイント
  • 文通で繋がる思い出話
  • 旧家同士の家督を継ぐ葛藤
  • 2組の組み合わせが騙される

文通で繋がる思い出話

往復書簡で、和颯宛ての手紙と瀬奈宛ての手紙が交互に綴られていきます。

30歳になり2人の出会いから、高校の思い出話をお互いに振り返りながら進む物語。

誰が手紙を送っているのかはっきりとは分かりません

旧家同士の家督を継ぐ葛藤

和颯と樹璃とお互いに旧家の家督を継ぐ立場です。

お互いの家が自分の家督を継がせるために、相手側に行くことを許しません。

大学4年のときに、和颯は樹璃のことを、家族のことを大切にし、別れます

2組の組み合わせが騙される

2組の組み合わせは

  • 舞原和颯と葛西樹璃
  • 笹森創汰と藍沢瀬奈

和颯宛ての手紙を出していたのは樹璃です。(本当は出してないですが)

瀬奈宛ての手紙を出していたのは創汰です。

最後に、同窓会の場面になり、正しい組み合わせで出会います。

風歌封想の印象に残った名言

私はそんなあなたの優しさが好きだったし、同じ強さで、憎いと思ったこともありました。

樹璃が和颯へ言ったセリフです。

お互いのことを大切にしていたからこそ、伝わらない感情もありますよね。

夢を持った人と、夢を持たなかった人、本当に不幸なのはどっちだろう

夢を持った人は叶えられない夢のせいで不幸になる。

夢を持たなかった人はそもそも夢への輝きがないので、不幸になる。

叶えられなくても夢に向かって行動したことは糧にできるので、後者の方が不幸だと感じました。

目の前のことを頑張れない奴は、本当に努力しなきゃいけない時にも頑張れない

樹璃が脚本家に向かってがんばる中学の頃のセリフです。

頑張り続けることは大変ですが、全力になれない奴はいつまでも全力になれません

感想:風歌封想/綾崎隼

手紙だからこそ、過去のことだからこそ伝えられることがある。

過去のことは時間が経つと、伝えられることがあるよね。

昔の恋愛を思い出して、同窓会をきっかけに、運命的な賭けに勝つこと。

勇気をもって、会いに行ったからこそ伝えられたこと。

今回は、頭がこんがらがって綾崎隼さんにまんまと騙されました。

手紙を送っていないことか、似たような経験をしている、2組のカップルとか。

ハッピーエンドになったので、満足です。

まとめ:文通で繋がり同窓会で8年越しに出会う

今回は、綾崎隼さんの15作目「風歌封想」の感想でした。

綾崎隼さんは他にも「陽炎太陽」「蒼空時雨」を書いています。

詳しくは、綾崎隼さんの花鳥風月シリーズの作品を見てください。

【花鳥風月シリーズおすすめ全7作品】天気・自然をモチーフにした1冊完結の恋愛小説
今回は、綾崎隼さんの花鳥風月シリーズです。綾崎隼さんの花鳥風月シリーズってどんな小説?花鳥風月シリー...

コメント

\花鳥風月シリーズまとめ/
\花鳥風月シリーズまとめ/