ライブ配信アプリランキング>>

【陽炎太陽の感想】小学生で閉じ込められた思い出と約束|ネタバレあり

陽炎太陽の表紙小説

ふゆ(@shikifuyu25)です、こんばんは!

今回は、綾崎隼さんの10作目「陽炎太陽」を読了したので、感想です。

陽炎太陽は「太陽」をモチーフにした花鳥風月シリーズの作品です。

記事の内容は以下のようになります。

記事の内容
  • あらすじ
  • 面白かったポイント
  • 印象に残った名言
  • 感想

ネタバレを含みます、ネタバレなしは陽炎太陽のネタバレなし感想を見てください。

あらすじ:小学生で閉じ込められた思い出と約束

憧憬の「太陽」が焼き尽くすセンチメンタル・ラヴ・ストーリー

陽炎太陽/綾崎隼
登場人物
  • 響野一颯ー主人公
  • 舞原陽凪乃ー一颯の友
  • 嶌本和奏ー一颯の友

響野一颯と舞原陽凪乃の小学生の時の思い出。

大学生になった響野一颯と嶌本和奏の出会いから、結婚するまでです。

陽炎太陽の面白かったポイント

面白かったポイントは3つあります。

面白かったポイント
  • 小学生で閉じ込められた思い出と約束
  • 大学生での恋愛
  • 初恋の人との再会・別れ

小学生で閉じ込められた思い出と約束

陽凪乃は転校生で、村中の人から嫌われていました。

サッカーという共通の趣味で一颯と仲良くなります。

陽凪乃が不良に捕まり、一颯が助けに行きますが、2人とも閉じ込められ意識不明にまでなります。

閉じ込められたときに2人は27歳まで相手がいなかったら、結婚してずっと支えてあげる。

という約束をします。結局、叶いませんが。

大学生での恋愛

大学生で、陽凪乃との思い出に浸りながら、惰性で一颯は生活していました。

コンビニでバイトをし、通り道にいる捨て猫に牛乳を上げる日々。

バイトで後輩の和奏と出会い、次第に仲良くなっていきます。

この頃から、一颯は自覚なく幻覚をよく見ていました。

初恋の人との再会・別れ

26歳になって一颯と和奏の関係は続いていました。

いよいよ結婚というときに、初恋の人陽凪乃と再会します。

陽凪乃とは小学生以来、連絡を取ってませんでした。

一颯は陽凪乃への感情を抑えられず、調べて陽凪乃が実在しない幻覚だと知ります。

陽炎太陽の印象に残った名言

目を開ければ、目の前に広がるのは何の意味も持たない日常だ。

一颯の大学時代の感想です。

この感情は誰しも持っているものだと感じました。

君のために強くありたいと一心に願うこと。・・(中略)・・人を愛するということの意味だ。

一颯が和奏に対しての愛の形です。

自分が弱いことを認めて、それでも、強く生きる。

愛する人のために本当に素敵です。

感想:陽炎太陽/綾崎隼

陽凪乃が出会う→亡くなっっていた→本当は生きている。

2転・3転していく展開に振り回されました。

一颯のことを一途に支え続ける和奏の感情。

そのことに気づいて、最後はちゃんと自分の気持ちにけりを付ける一颯。

結婚するまでにいろいろありましたが、2人の幸せな未来が想像できてよかったです。

まとめ:小学生で閉じ込められた思い出と約束

綾崎隼さんの10作目「陽炎太陽」の感想でした。

綾崎隼さんは他にも「吐息雪色」「風歌封想」を書いています。

詳しくは、綾崎隼さんの花鳥風月シリーズの作品を見てください。

【花鳥風月シリーズおすすめ全7作品】天気・自然をモチーフにした1冊完結の恋愛小説
今回は、綾崎隼さんの花鳥風月シリーズです。綾崎隼さんの花鳥風月シリーズってどんな小説?花鳥風月シリー...

コメント

\花鳥風月シリーズまとめ/
\花鳥風月シリーズまとめ/